セブンウォーターと言う水素水があります。

この下にあるバナーの水素水がセブンウォーターです。

セブンウォーターは、名前の通り溶存水素濃度が7.0ppmの水素水です。
7.0ppmの濃度がある水ってことで、「セブンウォーター」
なんだと思います。。。本当の名前の由来は知りません・・・(-_-;)

お風呂に入る女の子

この水素水はもちろん、水素風呂の為の水素水ではありません。
飲むための水素水です。
ですが、あまりにも濃い水素水ですから、これをお風呂に入れたら良いのではないか?

高濃度水素水をお風呂に入れてみる!

その前に、計算してみましょう。

一般的なお風呂にお湯を入れると、200リットル程度入ります。
200リットルで、どれくらいの水素濃度になるのかを計算すれば良いですよね。

セブンウォーターは、500mlで7.0ppmの超高濃度水素水です。
7.0ppmって言うのは濃度ですからね。
割り算して、濃度を薄めて行けば良いというわけですね。

1リットルになれば、3.5ppmになります。
量が2倍ですから、濃度は半分っと。

こんな感じで計算してみます。
200リットルのお湯に、セブンウォーターをドバっと入れると・・・

3.5 ÷ 200 = 0.0175ppm

うーん、思ったよりも薄いですね。。。

日本水素水振興協会って言うところがあります。
国の基準ではないとは思いますが、この協会で定めている基準があって、水素風呂は0.1ppm以上だったら認めましょうってことになっています。

水素風呂の認定には、0.1ppm かぁ。

今回のセブンウォーター風呂は、0.0175ppmだからなぁ。
水素が入っていることは確かだけど、濃度的にちょいと足らないですね。

ちょっと期待しましたけど、水素風呂はしっかり水素が入っているものを使わないとダメですね。
水素風呂が高くて続けられないって人は、水素水を飲んでみて下さいね。

セブンウォーターなら、アルミパウチよりも安く続けられますよ。

>>セブンウォーターの公式サイト<<

水素風呂のオススメは、こちらにどうぞ → 水素水のお風呂