昨年放送(2015年12月13日)された「ゲンキの時間」にて登場したのが、「水素SPA H-Pot」でした。
その動画がコチラです。↓

水素水の第一人者である太田教授も出ている動画です。
水素水や水素風呂、水素の効果についてもこの動画で勉強出来ますから、一度ご覧ください。
水素水がたくさん売れる原因となった番組です。

最近では、ドラッグストアでも見かける程、水素水はメジャーな商品になりましたね。

電気代は不要

水素SPA H-Potは、電気は使いません。
マグネシウムベースだけで水素を発生させますから、お風呂にぽちゃんと入れるだけです。

ただし、マグネシウムベースだけでは水素発生までに時間がかかってしまう為、クエン酸を入れて水素発生を促してやります。
そうすることで水素が早く発生してくれるのです。

水素SPA H-Pot

形を見て下さい。
ハクション大魔王に出てくるポットに似ていますね(笑)

最初にキットについてくるクエン酸は、約65回分あります。毎日入るなら2ヶ月は持ちます。

なくなった場合は、1本2,000円(税抜)で購入することが出来ます。

消耗品はクエン酸

マグネシウムベースが命の水素発生器ですので、マグネシウムベースが使えなくなれば寿命です。
その回数は、大体2,000回 ~ 2,400回だそうです。

2,000回だとして、コストパフォーマンスを計算してみましょう。
ちなみに、2,000回と言うことは6年間水素風呂に入れることになりますね。

クエン酸は、65回で1本使うとして、2,190 ÷ 65 = 33.6 ですから、34本必要です。

6年間で必要な金額は、本体代とクエン酸代です。

(138,240円 + (2,160円 × 34) ) ÷ 2,190 = 96.6円/日

1日当たり、100円未満で水素風呂に入れる計算になりました。税込みの金額です。

水素SPA H-Pot