水素風呂のマルーンはメンテナンスがとっても簡単です。
ゴムっぽいところをちょいと力を入れて外していくと、徐々に本体からゴムがはがれていきます。

本体からはがすマルーン

実は、コツつかむまでは女性では辛いかも知れません。
本当、コツつかめばするっと言う感じで取れてしまうのですが、最初はどこから外せば良いのかわからないのでとまどうかも知れません。
全部はがした状態がこちらです。

マルーンを分解してみた

マルーンを分解すると3つになりますね。
まだこれからバッテリーを抜くので、本当は3つではありませんけど、通常大掃除する時は、この3つに分解します。
それぞれを綺麗に洗ってあげればメンテナンス終了!簡単です。

もしも、バッテリーがなくなりつつあってパワーが弱くなってきたなぁ、充電の頻度が多くなってきたなぁって思う場合はバッテリーを交換してあげましょう。
バッテリー交換は自分で出来ます。
上記のように、本体とゴムを分離できればあとは簡単。
以下の写真の4つのねじを外せばバッテリーが取り外せます。
4つのねじは普通のプラスドライバーで外せますから、難しい工具が必要というわけでもありません。

マルーンのバッテリー

バッテリーの交換を頼むと工賃も取られますからね。自分で出来ることは自分でやる方がお得です。
楽しいですしね。

分解後は、もとに戻すのですが、戻す時もコツがあります。
充電する部分の蓋を開けておくとはめやすいです。
私、最初蓋を閉じたままやっていたので、なかなかうまい具合に入らなくて・・・
これは、やってみたことある人ならわかると思いますが、なかなか文章では伝えられない!
とにかく、下のように蓋を外して取り付けると簡単にはめられます。

マルーンをもとに戻すコツ

最初からというわけではなく、最後のこの部分を綺麗にすっぽりはめ込む時に蓋をあげると良いでしょう。
ちょいとしたコツです。

マルーンは、小型でかわいくてメンテナンスも簡単。バッテリーも自分で交換できるのでコストも助かります。
そして、かんじんの水素発生量も1.4ppmと十分な量を出してくれます。
悪玉活性酸素の効果的な水素を、肌から吸収していっぱい悪いやつをやっつけてもらいましょう。

肌の老化を防ぎ、健康を維持してくれる水素。
水素風呂で初めてみるのも良いですね。

マルーンの体験記事はこちら