水素風呂に入ると、身体中がぽかぽかしてきて、体温が上昇します。
そして、血流も良くなって、汗がいっぱい出てきます。

これだけでも、効果があるなぁと実感できるのですが、もっともっと水素風呂を効果的に入ってもらう方法があるんです。

普通に入るだけでも、水素が皮膚から吸収されてお肌ツルツルすべすべにもなります。
ちょっとした工夫で更なる効果が期待できますので、試してみて下さいね。

おすすめの入浴法

長風呂する

まずは、長風呂して下さい。
最低で10分入浴してみましょう!

入浴中

どうして10分かと言いますと、水素風呂に入って水素が体中を巡るまで7分かかると言われています。
少し余分を見て、10分としました。
別に7分でも構いません。

この時注意することが1点あります。
それは、熱いお風呂にしないことです。
水素風呂は、いつもより血流も良くなりますし体温も上昇します。
そして、汗もたくさんかきますので、同じ温度ですとのぼせてしまいます。
長風呂するのであれば、いつもよりお湯はぬるめの38度 ~ 39度が良いでしょう。
冬場はもう少し上げないと寒いかも知れませんので、微調整してみて下さい。

そして、お水を飲んでからお風呂に入りましょう。
汗が出てから水分を取っていては遅いので、汗をかくまえに水分は補給しておきましょう。
この時、水素水があるのであれば水素水を飲んで入るのも良いでしょう。

傘をさす

お風呂で傘をさしてみましょう。

傘をさす

お風呂で傘なんてって思いますよね。
私も、この話を聞いた時は、風呂場に雨なんて降らないよ!
しかも、どうせ体濡れているし、傘なんていらないでしょ!

と、思いました。
ですが、理由がちゃんとあるのです。

入浴中に傘をさすと水素風呂のお湯から出てきた蒸気と水素が顔と湯船の間で循環するんです。
折角水素が出てきているので、それを上に逃さずに、傘と風呂湯の間で循環させてるんですね。
これが、効果的なんです。
蒸気も顔のところで循環しますから、顔がツルツルすべすべに。

コンビニで買ってくるようなビニール傘で十分ですから、お風呂場に持ち込んでやってみて下さい。
家族からは何か言われるかも知れませんが、美容の為!
外野の言葉は聞き流しましょう!