水素水を語るときに必ず出てくる悪役がいます。

そうですね、活性酸素の中でも悪い方の、悪玉活性酸素です。
悪玉活性酸素は、万病のもと。
今の研究結果においては、確実な立証が取れているわけではありませんが、ほぼ間違いなくほとんどの病気の原因が悪玉活性酸素です。

悪玉活性酸素をなくすことが美容と健康への近道なのです。

ビタミン

悪玉活性酸素には抗酸化物質が有効

そこで、活性酸素を減らす為にいままでは、抗酸化物質が用いられてきました。
抗酸化物質は、野菜に多く含まれており、ビタミンCやビタミンEなんかがそれにあたります。
抗酸化物質は、それ以外にもコエンザイムQ10とか、いろんなものがあります。

ただ、抗酸化物質も万能ではなくて、水溶性だったり油溶性だったりします。
細胞は、細胞膜で守られていますが、外側の細胞膜は油で包まれています。
ここで水溶性の抗酸化物質が来てもはじかれてしまって、中に入ることは出来ません。
一方、細胞の中は水です。
油溶性の抗酸化物質がやってきても、細胞の中ではじかれます。

今までの抗酸化物質では、効果的に細胞の中の悪玉活性酸素を除去することが出来なかったんです。

最高級の抗酸化物質は水素

それが、水素ではどうしょうか?

水素は気体です。
しかも、水でも油でもなく、そのどちらも通過してしまいます。
効果的に細胞の細部に渡って中の中まで入っていける唯一の抗酸化物質、それが水素なんです。

水素は、細胞の中の悪玉活性酸素までたどり着き、無害化します。
無害化するというのは、水素と悪玉活性酸素がくっついて水になるんです。
そして除去(無害化)し、汗や尿になって体外に排出されます。

水素風呂は水素吸収に効果的

水素風呂は、水素を体内に取り込むのにとても効果的です。
水素水は口から体内に入れますが、水素風呂は違います。
体全身の皮膚から水素が吸収されていきます。

水素は、世界で一番小さな分子。
どんなものでも通過していく特性があります。
人間の皮膚も例外ではなく、皮膚から水素がドンドン吸収されていくのです。
そして7分間で、身体全体を駆け巡って全身に水素がいきわたり、全身の悪玉活性酸素を無害化してくれるのです。

また水素風呂には大量の水素が溶け込んでいます。
水素風呂に入っていると、自然にお風呂から出てくる水素を呼吸で吸うことになります。
皮膚からの吸収と、呼吸の吸収のダブルで水素を取り込むことが出来るんですね。

水素水も良いのですが、水素風呂入浴をして、体全身で水素を吸収することがとても効果的なのです。