水素風呂は出来れば長く入って下さい。

水素が体全体にいきわたるのに7分間かかります。
7分間あれば、水素は皮膚から吸収されて体内を駆け巡り、全身くまなく水素がいきわたるということですね。
なので、その間はぜひとも水素風呂の中に浸かっていてもらいたいのです。

10分程度は入浴されるのが良いでしょう。

水素水の第一人者である、太田教授は時間があれば1時間ほど、水素風呂に入るそうです。
その時のお湯の温度はぬるめ設定しているそうです。
いつもより1度から2度はぬるいお風呂に入る方が良いでしょう。

水素入浴

水素風呂の水素が体を駆け巡ると、血管が広がり血流が良くなります。
そして、血圧も下がる傾向にあります。

また、水素は悪玉活性酸素をやっつけてくれます。
7分間の間に体全体を駆け巡り、悪玉活性酸素が多いところを重点的に無害化してくれます。
水素風呂の話をすればするほど、水素風呂って本当にすごいんだなと思います。
今ではがん治療のひとつとして水素風呂を導入しているクリニックもあるほどです。

それでは、水素風呂の入浴時間のまとめです。

水素風呂には、7分以上入浴しましょう!

水素風呂のオススメ入浴法も合わせてごらんください。